Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


光と影
美術方面の話題で「光と影」といえば、レンブラントが一番最初に思い出されるわけですが
私はレンブラントよりもフェルメールのほうが「上手にウソをつくことでリアリティを表現している」
という点で大好きです。
(私のフェルメール好きは、高校時代の美術の恩師の影響が大きいんだけどね)

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」
※アムステルダム国立美術館の公式サイトの該当ページにリンク貼りなおしました。

このリンク先の絵、フェルメールを知らない人でも一度は見たことがあるんじゃないかな。
「ああ、あの絵。知ってる知ってる。」という人も、とりあえず今開いて見て欲しい。

私がこの絵で注目して欲しいのは、うしろの壁。
人物を際立たせるため、壁に不自然な明暗(特に人物の両脇)があることに気づいたでしょうか?

人物自体は、左から差し込む光を自然に受けて、左側が明るく、右側が暗くなっています。
壁はその人物の明るい側が暗く、暗い側が明るい。
意識的に明暗をつけられています。
こういう明暗の差こそが立体的に見せるための「ウソ」なんです。

さらに突っ込んで観察すると、逆に明暗の差がほとんどなく、暗く溶け込んでいる部分がある。
これはレンブラントにも良く見られる手法ですが、「明暗の差をはっきりとつけて立体的に見せる
だけでなく、その逆に明暗の差をなくして溶け込ませる部分を作る」というもの。
私は芸大などに行って専門的に勉強したわけではないので、これを専門用語でなんというかは
知りませんが、この明暗のギャップが絵に深みを与えていることは感覚的にわかります。

実際自分で画像を作るときにも、無意識的にこの手法を使っていることもあれば、意識的に
使うこともあります。うまくいくと我ながらとても気持ちいい^^
みなさんもこういう明暗のギャップをぜひ試してみてください。

Tag: <>HOWTO
Category: etc

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free