Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


気になるVue
レンダロでMy Favorite Artists(お気に入りアーティスト)に登録している fabriced氏
ギャラリーをぼーっと見ていて、氏の作ったGND4の画像に激しくときめく。
これってVueでレンダリングしてるっぽい。
うーむ、Vueが欲しくなってきた・・・

やばい。
てか、Vueの日本語の情報ってものすごく少ないんだねぇ。
いろいろグレードあるみたいだけどよくわからんっす。
(他のソフトに目移りする前にCARRARAをちゃんと使ってやれという天の声が・・・)

で、近況はというと、自作キャラの眼のマテリアルになんとか目処が立ちました。
いろいろV4用の眼のリソースを無料のをGETしたり買ったりしたんだけど、MATが一番
ちゃんとしてたのが、RMMT Life Like Eyes V4でした。
他のはEye Surface用のマップが入ってないんだもんなぁ・・・
とはいえ、Tearのマップはこれにも入ってなかったんで、結局このマーチャントリソースの作者の
rebelmommyさんがRuntimeDNAで販売している RM Eliseya V4のTearのマップを参考に
自分でPhotoshopで作りました^^;
(ちなみに、瞳の部分も 3D.SK でゲットした写真を加工して自作。)

睫毛を作ったら、次はBODYだ!!




Tag: <>Vue
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

古くからの(Vue 4からの)Vue ユーザーですが、個人的な意見として申しますと、CarraraとVueはほぼ同じレベルのレンダリングが間違いなく出来る、似たクラスのソフトだと思いますよ。

大ざっぱなグレード書くと
Vue 6 Easel -> Carrara Expressクラス
Vue 6 無印~Pro -> Carrara 6 Std + プラグイン
Vue 6 inf -> Carrara 6 Proクラス
と考えれば宜しいかと。
Carrara 6Pを安売りで買った人間からするとVue 6 infは高すぎですね(笑)

ちゃちゃっと特徴を書くと
・完全景観ソフトであり、モデリングは実質出来ない(全く出来ないわけではない)
・完全マルチバイト対応ソフトなので、日本語パスでもコケない。
・Vueの方がマテリアルの扱いがCarraraより簡単
・Vue 6になるとPoser7からのインポートの精度が高い
・マテリアルの構造上、P5以降のshader treeの再現度がやや高い
・樹木の出来が圧倒的にVue のが上
・Carraraのsurface replicaterがECO Systemって名前であるが、遥かに性能がいい(森とかマジ簡単にできる)。
・操作性は似たレベルで趣味の違い程度。
・天空の扱いや処理はVueのが遥かに楽。
・CameraはVueのが扱いやすいと思う。
・ゴッドレイなどの光の視覚化がVueの方が(やや)性能が良い。
・レンダリング機能はほぼ互角。
・レンダリング速度はCarraraのが圧倒的に上
・画質はVueのがややノイジーな傾向がある。

と、こんな感じかと。
【2008/05/29 11:18】 justfit (URL) [編集]


>画質はVueのがややノイジーな傾向がある。

私もVue使ってたんだけど、このノイジーな感じが気になって
どうもなあという感じでした。

ただrdnaで最近出た
「Poser - Render Studio For Vue 6」
っていうのが、気になってる。
【2008/05/29 14:00】 airstone (URL) [編集]

すすんでますね
おお~だいぶできあがってきましたね。さすが2Dの扱いにも慣れてるまにほにさんだけあってきれいだっ。感覚のみですべてやってる私とは違うな(ーー;)。
V4の目っていまいち扱いづらくて。。構造がちょっと違っているのでいまいちマテリアルの効果的なつなぎ方が理解できてません。ライトによってはTearがじゃまに感じられたり、、というのはまずライトの使い方がなってないからだなきっとw。

VueはまにほにさんならInfinity以上をおすすめするな。私はEspritを買ってちょっと後悔しているので。。オプションだけならProでもいいのだろうけどまにほにさんはきっともっと極めたくなる気がしますからw。
しかしやはりCarraraは圧倒的なレンダスピードを誇るのですね。早くまともに使えるようになりたいな。。
【2008/05/29 14:36】 aachan (URL) [編集]


まにほにさんもVueが気になっておられるのですね~。
まさに奇遇!
自分も、今度の某茄子でinfinit買おうかと思っています。
V4MAT、いい感じになっていますね。
目の辺りの透明感がいい感じに仕上がっていると思います。
【2008/05/29 20:58】 milura (URL) [編集]


うおおーなんだかコメントたくさんありがとうございます<(_ _)>

>justfitさん
知りたいことをほぼ全部説明してもらえたような!感謝感謝です!
マテリアルの扱いと、Poser7からのインポートがポイント高いですね。
画質がややノイジーという点ですが、この記事の例にあげているfabriced氏の
画像を見ても、カラー印刷でいうところの「シアン被り」の状態に近いものを
感じてるんですが、これのことかな・・・
それとも、もっと別の意味でのざらつきのことでしょうか?

 ※ちなみにシアンというのは4色印刷で使う青系のインクのことで、これが
  全体にうっすら分布していると、印刷結果が妙に彩度の低いどんよりとした
  ものになってしまうので、カラーデータ作成の要注意ポイントだったりします。

>airstoneさん
「Poser - Render Studio For Vue 6」を購入されて試行錯誤している方の
ブログがあったような・・・
じっくり読んだわけではないので断言はできませんが、使いこなすのに結構
苦労するみたいですよ^^;

>aachanさん
Photoshopでのカラーデータの切り張りや合成・修正が本業ですから^^
Tearは、マーチャントリソースを始めとして、ほとんどのモーフキャラセットで
扱いがいい加減というか、デフォルトのまんまですからね^^;
私はV4用のモーフとして購入した第一号が記事で紹介しているrebelmommyさんの
RM Eliseya V4で、これを基準に眼のマテリアルを考えていたので、他のを見て
かなりびっくりしました。
もし眼のマテリアルの研究をするなら、rebelmommyさんの商品(リソースキット
じゃなくて、キャラモーフセットのほう)をオススメします^^

>miluraさん
こんにちは~^^
Vueがもしダウンロード販売されてたらフラっと買っちゃいそうなんですが
パッケージ販売のみのようなのでかろうじて踏みとどまってます^^;
「人形は眼が命」ですから、透明感とか顔との一体感とかこだわっちゃいます^^

Vueに関しては、しっかりやるならVue 6 infinitがオススメって
感じのようですね・・・
もし買うとしても、今作ってる自作キャラが落ち着いてからってことで^^
【2008/05/30 01:47】 ManiHoni (URL) [編集]


>それとも、もっと別の意味でのざらつきのことでしょうか?

Vueはソフトシャドー・被写界深度・HDRI/AO系の処理を行うとノイズが微妙に画面全体に乗る癖がありまして、それをノイジーと感じるのです。
ちなみにベタレンダしたときの色の出方はVueの方が素直だ、と思います。

# CMYK系は本業ではないですが
# 友達の仕事を手伝う関係で死ぬほどよく知ってます(笑)
【2008/05/30 12:10】 justfit (URL) [編集]


ノイズの件、納得いたしました~
(死ぬほど良く知ってるって、わはは^^
【2008/05/31 06:11】 ManiHoni (URL) [編集]


一つ素晴らしいVueの特徴を忘れていました。

・「レンダリング」を途中中断しておいて、再度スタート可能。
(アホみたいにでかいセーブファイルになりますが、実際使えます)

これは自分的Vueの最高の仕様の一つです。
今ではCore2 *5 + P4*1 の11コアネットワークレンダリングが出来るので(爆笑)、絶対に欲しいというほどの物ではなくなってきたのですが、それでもこの仕様は素晴らしいと思ってます。
【2008/05/31 12:11】 justfit (URL) [編集]


>・「レンダリング」を途中中断しておいて、再度スタート可能。

うおーこれはいいですね。
PoserProのネットワークレンダリングにも「Suspended」機能があるようなんですが
現在自分用として稼動してるPCが1台しかないので、実際にどういう機能なのか
確かめようがない・・・orz

>Core2 *5 + P4*1 の11コアネットワークレンダリング

ぐは!!!!
【2008/05/31 19:38】 ManiHoni (URL) [編集]


初めまして、レンダロ、ブログ共々いつも拝見しています。Veu特集とゆうことで、

コメントしてみました。

私は主にposer→shadeでのレンダを行っておりますが、Veuの使い所は主に

HDRファイルの書き出しになります。Veuで作成した空をHDR書き出し→shade

パストレレンダって感じです。なら、Veuでレンダしちゃえばって感じですが、Veu

にshadeファイル及びobjファイルを読み込ますとマテリアルがうまくついてこない

事がしばしば・・・シーンを青空系に絞るならVeuでシーンを築けますが、街中、室内

だと苦戦必死です!!かといって、Veu用のローポリチックな小物や建物をワンシー

ンのために買うのも引けますし、それならshadeがあるので・・・

レンダロにTY2で良ければ、poser shade Veu の顔面アップ比べをアップしまし

たので若輩者の作品ではありますがどうぞ・・・

レンダロのManiHoniさんの作品に変なコメントをするTY2好きなオヤジより


ヾ(o´Д`)☆*:;;;;;:*☆【


【2008/06/02 20:23】 kamikaze812 (URL) [編集]


いつもコメントありがとうございます^^

>HDRファイルの書き出し

なるほど~そういう使い方もあるんですね~~(メモメモ
レンダロの比較画像拝見しました^^
マテリアルの調整やライティング&レンダリングオプションの設定などの違いもあるんでしょうが、やっぱりPoserが一番素直なレンダリングって感じですね。
背景込みのレンダリングってことになると、Poserじゃきつそうですが^^;

OBJや3DSのフリーの小物データなら、http://archive3d.net/ にうなるほどあるので
要チャックですぞ。

あ、息抜きの意味も込めてPEB用にTY2画像を作りかけで放置してるので、もうしばらくお待ち下さい^^

P.S.
TY2好きなら↓は必見^^
http://sasuke.nomaki.jp/poser/gallery/atlach.html
【2008/06/02 22:23】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free