Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Project Evolution Early Edition 公開
ついに、やっと、Project Evolutionが公開されました。
現時点ではEarly Editionです。
2018年1月6日、場所はCGbytes.com

Project Evolution DEMO:無料
58317-early-edition_demo_TH200.jpg

DEMO用の低解像度テクスチャ、必要最低限のモーフ、DEMO用の髪1点、服なし。
関節の曲がり具合といった極々基本的な部分のみを確認するためのDEMO版です。
とにかく関節がお見事。
製品版を買う前に、まず無料のこれを触ってみましょう。


Project Evolution Early Edition:$29.99
58313-early-edition_product_TH200.jpg

DEMO版に納得できた人は、こちらの購入を検討してみましょう。
CGbytesはPaypalが使えます。(同じ運営のロチカはPaypal NGです。要確認&自己責任)
以下、簡単に解説しますが、モーフいじりからずいぶん離れていたため見当違いの
解釈をしている可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

<フィギュア>
erogenesis節全開の13種類のキャラモーフ、体型モーフなどのモーフ群が
最初から入ってます。が、ユーザーが顔を細かくいじるためのモーフ(V4のMorphs++
みたいなの)はありませんね。現時点では製品名が「Early Edition」となっている
くらいなので、さらにモーフが追加されたものが後日公開されるかもしれません。
あと、CR2の中身を確認してもV4のPBMCCのようなユーザー用の空きチャンネルは
用意されてません。たぶんPoserならではのPMDを利用してモーフを追加することを前提としてる
んじゃないかと思います。
拡張モーフや空きチャンネル追加ツールなどをerogenesis氏本人が出すのか別のベンダーが
出すのかは今のところ不明です。(私が単にそういう告知を見逃している可能性もあり。)
服は水着、髪はロングヘア(DEMOとほぼ同じもの)が各1点。

<ポーズ>
キャラモーフ13点+αと各種ポーズが100点以上入ってます。

<シーン>
ロードしたらほぼサムネイル通りにレンダリングできるシーンファイルがFireFly用とSuperFly用に
それぞれキャラ人数分用意されてます。
あと、レンダープリセット用のシーンファイル等が数点。

<雑感(少し辛口)>
合計1GBほどあるファイルの大半はテクスチャです。
フィギュア(CR2)の出来栄えに関して言うと、とにもかくにも関節が素晴らしい。
マテリアルや顔モーフのクセが強いのでそのまま使うかどうかはちょっと難しいですね。
今後出てくるであろう拡張モーフやキャラセットに期待しましょう。
特にマテリアルに関しては、目のハイライトが出にくいのでそのままでは死んだ目に
なってしまうのが気になります。まずはこれを解消するところから始めないと個人的には
お話にならないっていう感じなので、いきなりOctaneのマテリアル調整を始めてます。
たぶん1~2月中に基礎となる拡張モーフやツールが揃うかどうかが勝負の分かれ目
なんじゃないかな?
3000円くらいする商品なので、その辺を見極めてから購入してもよろしいかと。


Content Support Kit (Beta):$5.00
58316-early-edition_devkit_TH.jpg


これはPE専用のオリジナル服を作ったりV4の服をPE用にコンバートしたりするための
ツール群です。製品名にもまだ「(beta)」を書いてあるくらいなので、PE本体の今後の
動向を見極めてから購入するかどうかを決めてしまってもよいでしょう。



その他の細かいところはCGbytes.com内のブログでまとめた形で紹介されています。
(ぶっちゃけ私はほとんど読んでませんので、内容は把握してません^^;)
http://www.cgbytes.com/community/Blog/January-2018/Project-Evolution-Early-Edition.aspx
early-edition_product_mod.jpg




その他の情報はINDEX:Project Evolutionへどうぞ。


Tag: <>project-E
Category: Poser全般

あけおめ2018
あけましておめでとうございます~~~

大晦日の「振り返って」シリーズをここ数年続けていましたが
なんだか完全に義務化してしまっていたので、今年からは新年の挨拶に。

昨年は仕事もプライベートもいろいろと忙しい&充実した一年でございました。
体調的には良かったり悪かったりで微妙な時期もあったんですが
そろそろいい歳なんで昔を懐かしんでみたりする行動にも拍車がかかり
春には中学の同窓会に出席するためわざわざ飛行機に乗って帰省したりとか。



昨年のPoser関連の活動はというと…

個人的にはProjectEの公開をひたすらボーっと待ち続けた一年でしたね。
erogenesis氏からの進捗報告も止まってしまってヒヤリとしたこともありましたが、
情報公開場所をSmithMicroの公式フォーラムに移し、Closed Betaが始まった頃から
テスターによるレンダ画像などが公開され、Project Evolutionという正式名称も決まり、
「クリスマス頃には公開できそう」という氏の発言にワキテカさせられつつも
案の定年末ぎりぎりになってやっとCGByteに申請を済ませたという報告があり
…というお約束の流れで。
破天荒キャラのerogenesis氏、期待を裏切りません。

念のため言っておくと、私はPEのベータテストには参加していませんが
PE用のキャラセットを作る気持ちは相変わらず燃やしてますので
実際に公開されたPEを触ってみて「おっしゃー作るでー!」という気持ちが維持できる
出来栄えだった場合、最初に作るのはAnnyのようなアニメっぽいデフォルメを
効かせたものになる予定です。
そうしたらまたブログの更新が復活するかもしれません。たぶん。

demo-chars_mod.jpg
この画像をクリックするとSmithMicroのフォーラムの該当記事に飛びます。
Project e | Smith Micro Graphics Forum
https://forum.smithmicro.com/post/32368


Project Evolution for Poser | Smith Micro Graphics Forum
https://forum.smithmicro.com/post/33770


巷ではPoser11で開発終了なんじゃないか?とか一部で噂されているようですが
私の知る限りではそういう心配はなさそうです。
とはいえ、「絶対安泰」と断言できるほどの情報も持ち合わせていませんので
もしポシャっても「えー、言ってたことと違うじゃーん」というのは無しの方向で^^;

そんなこんなで、また今年も一年よろしくお願いしますm(_ _)m



余談。
最初は「~をしたい」「~を観たい」という本人がやりたいことだったはずなのに
それがまるで義務であるかのように「~を観ないといけない」「~をしないといけない」
と言う人って多いですよね。たぶんこれって日本人の悪い癖です。
したいなら「~したい」と素直に言えばいいのに、それを「~しないといけない」と
言い換えていると、いつの間にか本当に義務になってストレスの素になってしまうので。
以上、ストレスに弱いおっちゃんの知恵袋でした。

Tag: <>project-E
Category: Poser全般

Project Eの続報3
最近のPoserで個人的に気になってるネタはこれ一点のみって感じで。

実は、Renderosity発のPoserネイティブフィギュアの新作情報っぽいものも
入ってきてはいるんですが、どこまで書いていいのかわからない&申し訳ないけれど
正直言ってほとんど興味が持てないのでまったく情報を追ってません。
ごめんなさい。(誰にあやまってるんだか)
あ、MNEさんが最近チェックしているMankahoo氏Bellaさんとは別物です。

image20170804_bella_beta.jpg
http://www.mankahoo.com/index.php?l=product_detail&p=37



さて、Project Eの話。

先月末ごろにCGBytesのフォーラムにあったProject E専用のカテゴリが
ざっくり全部消えてしまっていて「なんだなんだ何事だー、いやまさかプロジェクトそのものが
消えてしまったなんてことは…」と動揺しまくっておりました。
(ログインせずにフォーラムへ行くとエラー吐かれるっていうのがもうなんとも。)

心配になっていろいろググってみるとSmithMicroのフォーラムに「Project e」というスレッドが
あってerogenesis氏がかなり活発に発言しているご様子。
うーん、確かにCGBytesのフォーラムはほぼ停止してるような感じだったから仕方ないか。


image20170804_sm_forum.jpg
Project e | Smith Micro Graphics Forum


そんななか、本日erogenesis氏ご本人のブログが更新されました。

image20170804_erogenesis.jpg
Erogenesis Art: He finally did it!!

(18禁のブログなんでそのつもりでGO)

ブログ記事の前半はUKへの引越しや元住所のマラウイ(?)での生活が大変だったこととか
続報2で書いたTaB!のD|S対応&サポートがえらく大変だったこととか
俺様はDAZ Studio使ってないし、今後も使う予定ないから」とか
コンテンツ戦争めんどくせー!!とか、そんなerogenesis節が炸裂しております。

で、Project Eですよ。

現在の優先順位的に最上位にあって、リグとUVは完成したので次はモーフだ!
TaB!のDSサポートでグッタリしちゃったんで、Project EはやっぱりPoserに重点を置いてやるぜ!
DSユーザーの友人も多いから、オプション的には扱うけどね!

ということのようです。
一安心だぜコノヤロー!!





Category: Poser全般

Dimension3D氏、死去
Poser Pythonの巨匠Dimension3DことRalf Sesseler氏がお亡くなりになりました。

Legend Dimension3D Ralf Sessler passed away.
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?thread_id=2913745


erogenesis氏により6/4にこの第一報がありました。
Dimension3D氏は雲の上の存在というか、まさに「Legend」な存在でした。

Dimension3D氏のツールは、私がPoserを扱う際になくてはならない必需品ばかり。
私がこのブログで紹介している自作以外のPythonツールはほぼすべて氏のものです。
うーん…
Poser File Editorの修正依頼を後回しにしてしまったことが本当に悔やまれます。

このブログを「Dimension3D」で検索↓した結果を表示
http://manihoni.blog103.fc2.com/?q=Dimension3D

Dimension3D氏のツールは、私に限らず多くのPoserユーザーにとって必需品で
ありつづけることでしょう。
天国のDimension3D氏に深く感謝。



Tag: <>Python
Category: Poser全般

Project Eの続報2
私個人としてはけっこうな大ネタなんですが、一般的なPoser界隈ではたぶん小ネタ。

Project E は、いったいどうなっちゃったのよ?

とお嘆きのみなさん(かなりマイナー)に最新情報をお届けしませう。
まぁ、本気で気にしてる人は自分でCGbyteのフォーラムをチェックしてるんじゃね?
という気もしますが。
Project Eの動向=erogenesis氏の動向というわけで、ザザッといきます。


・作者のerogenesis氏は南アからUKへお引越し完了。

・お引越し直後ロチカでTaB!販売開始。
 新旧&男女様々なフィギュアに対応したチンコです。
 Poser用は、M4, V4, James, Rex, Paul, Pauline, G2M, G2F
 DAZStudio用は、M4, V4, G2M, G2F もしくは M4, V4, G3M, G3F
 ソフトと対応フィギュアによって3種類のコアパッケージがありますね。
 興味がある人はご自分の目でお確かめください。
 http://www.renderotica.com/content-artists/Erogenesis/689

・現在はTaB!のサポートをしつつ、Project Eの開発に奮闘中。
 フォーラムでの本人の言葉を読む限りでは、意欲はまったく衰えておらず
 「金稼ぎのためにフィギュアをコロコロ変える大会社から、マーケットを俺たちの手に
  取り戻そうぜ!(思いっきり意訳)」的な気炎をあげております。


以上、時系列やらなにやら私が勘違いしてる部分もあるかと思いますが
たぶん大筋は間違ってないはず。
マッタリ待つでござるよ。



Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free