Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


PEのRIGコントロール
前回(PEの耳モーフ)の最後に「次はHead階層にある頭部モーフを~」と書きましたが
Body階層にあるRIGコントロールについて書き忘れてました。


まず、「RIG(リグ)」とは、何か?というところから。

「3D リグ コントローラ」でググってもらえばだいたいわかると思いますが、
おおまかにいうと「3Dモデルにアニメーションをつけるための仕組み(ボーン、ウェイト等)や
それを制御するためのインターフェイス(コントローラ、ハンドル等)
」を示す3D用語です。

後者のインターフェイスについては、Poser慣れしてる人なら「スカートなどのコンフォーム服の
裾をコントロールするためのハンドル」が一番イメージしやすいかと。
PEの場合、関節まわりと目や口の表情用に「小さな青い立方体のコントロールハンドル」が
最初から用意されています。



基本的にこの手のものは、ハンドルひとつひとつがパラメータを持っていて
どのハンドルのどのパラメータに変更が加えられているのかを確認するためには
ハンドルをひとつひとつ選択してみないとわからないため、一度加えた変更の修正や削除が
やりにくい、という難点があります。
(アニメーションパレットを直接見てキーの有無を確認・修正・削除するという方法もあるけど
 他の一般的なモーフパラメータと比べると作業工程が増えてしまうんだな)

だから、個人的に、「あとちょっと、ほんの少しだけ直感的にニュアンスを加えたい」という
最後の仕上げ段階以外には触ることがほとんどなく、特にこのPEのように顔にポチポチ浮いている
ような状態は最初のセットアップから最後の仕上げまではずっと邪魔でしかない。
てなわけで、私がPEのパラメータを紹介する画像を作るために最初にやったことは
コントロールハンドルを非表示にすることでした。

たぶん私以外にもそう感じている人がいるんじゃないかな?と思いつつ、今回の紹介。

Evlution P11 Base v1(Body階層)
    ┗ POSE Controls
         ┗ Rig Controls

ざっくりいきます。
(その他の情報はINDEX:Project Evolutionへどうぞ。)



Rig Controls (5種類)

RIG - Hide Body Controls (0.0~1.0)
コントロールハンドルを隠す。
とりあえず、隠してしまいましょう。



RIG - Large Controls (0.0~2.0)
コントロールハンドルを大きくして扱いやすくします。
↓の画像はパラメータが1.0の場合なので、上限の2.0にしたらすごいことになりそう。



RIG - No Eye Magnets (0.0~1.0)
眼球の動き(視点移動というか、球の回転)に合わせて、眼球に仕込まれたマグネットが
上下のまぶたを微妙に変形させます。
おもいっきり微妙なので、このサイズのキャプチャではあまり変化がわからない
ってことで画像は用意しませんでした。
このパラメータを変更したい人は自分で確認してみてくだちぃ。


RIG - Eye Magnet Size (-1.0~1.0)
上記の眼球のマグネットのサイズを大きくするよ(以下略


FACE - Pupils Dilation (-0.8~1.0)
瞳孔が開いちゃってます。
ていうか、このパラメータがなぜRig Controlsに置かれているのかが(以下略





以上、「Rig Controls (5種類)」でした。

次こそはHead階層にある頭部モーフを紹介したいと思います。
お楽しみ(?)に。




Tag: <>project-E
Category: Poser全般

PEの耳モーフ
耳の形状モーフです。
その他の情報はINDEX:Project Evolutionへどうぞ。

今回は「Ear Shapes(12種類)」のみ。
モーフの場所は、パラメータパレット上の

Evlution P11 Base v1Body階層)
   ┗ Evolution Shapes and Presets
      ┗ SHAPING - Body and Face
         ┗ FACE - Face and Head Shapes

の中です。
Head階層ではありません。
では、さくっといってみましょう。



Ear Shapes (12種類)

FACE - Elf Ears Normal (0.0~1.0)
エルフ耳。



FACE - High Elf Ears (0.0~1.0)
ハイエルフ耳。



FACE - Elf Ears Woodland (0.0~1.0)
ウッドエルフ耳。



FACE - Elf Ears Long (0.0~1.0)
横長のエルフ耳。



FACE - Fat Ears (0.0~1.0)
厚みのある耳。



FACE - Earlobes long (0.0~1.0)
長い耳たぶ(Earlobe)。



FACE - Earlobes Thick (0.0~2.0)
厚い耳たぶ(Earlobe)。



FACE - Earlobes Gone (0.0~1.0)
耳たぶが短い(もしくはない)。



HEAD - Ears Out (0.0~1.3)
横に伸びた/広がった耳。



HEAD - Ears Fw (-1.0~1.3)
耳の前後移動。
髪との位置調整にも使えそう。




HEAD - Ears Up (-1.0~1.3)
耳の上下移動。
これも髪との位置調整に使えそう。




HEAD - Ears Size (-0.5~1.0)
耳のサイズ調整。






以上、「Ear Shapes(12種類)」でした。

erogenesis氏は耳の形状にあまり関心がないのかもしれませんねぇ。
エルフ耳のような特殊な形状ではなく、普通の人間の耳にせめてもう1種類くらいベースとなる
個性な形状モーフがあってもいいと思うし、耳の傾き(寝た耳とか立った耳とか)のモーフも
欲しいところ。
これも自分で用意するしかないのかねぇ…

さて、ここまではBody階層にある頭部のモーフを扱ってきましたが、次はHead階層にある
頭部モーフを紹介していこうかと考えておりまする。
気長にお待ちください。



Tag: <>project-E
Category: Poser全般

PEの頭部モーフ(その3
頭部の形状モーフその3。
その他の情報はINDEX:Project Evolutionへどうぞ。

今回は★印をつけた次の2つ(Chin and JawとAge and Gravity)です。
モーフの場所は、パラメータパレット上の

Evlution P11 Base v1Body階層)
   ┗ Evolution Shapes and Presets
      ┗ SHAPING - Body and Face
         ┗ FACE - Face and Head Shapes

の中です。
Head階層ではありません。

Head Shapes (6種類) 頭部のベースとなる大味な変形モーフ。
Face General shapes (20種類) 顔の形をいろいろいじるための汎用モーフ。
Ethnic presets (2種類) 人種・民族的の個性を出すモーフ。
Brow and forehead (14種類) 眉とおでこ。
Cheek Shapes (8種類) 頬と頬骨。
Chin and Jaw (21種類) あご先とあご全体。
Age and Gravity (6種類) 加齢による特徴、弛み。

※記事の後半が折りたたまれて(■続きを読むが表示されて)いるときには
上記の★印のアンカーリンクが一部機能しません。



Chin and Jaw (21種類)
あご先(Chin)とあご全体もしくは下あご(Jaw)。


FACE - Mouth Jaw Down (-1.0~1.0)
口とあご全体をまとめて上下。




FACE - Mouth Jaw Back (-1.0~1.0)
口とあご全体をまとめて前後。




FACE - Split Chin (0.0~2.0)
ケツあご。



続きを読む

Tag: <>project-E
Category: Poser全般


Create stunning models for 3D software free